<   2005年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
<05-06-24>ディスプレーを処分した!

 


cellpadding="3"
width="410"
border="0">






ディスプレーを処分した!



液晶画面を二つ買ったので、


これまでのモニターがいらなくなったのだ。



上手いこと言って、


廃品回収屋にタダで引き取ってもらった。



なんでも彼も「500円で売る」って


言ってましたけどね。



おかげで


部屋の模様替えも少し進んだ。



あと、2,3買い物をすれば、


理想的なレイアウトになる。



高い買い物なので、数ヶ月かかるかもしれんが、


早く部屋を一新して、


気分のリフレッシュをしたいものだ。



体調はちょっぴりだけ回復、


しかしまだ、目眩あり。



あと1時間後にアシさんが来る、あ~あ~



がんばれ!俺!!



 


[PR]
by keisyuuosino910 | 2005-06-24 15:35
<05-06-21> 若貴報道

なんか、貴乃花さんがTVに出まくってますね。


実は弟君の好感度、結構上がってきたりして。


このところ、体調崩しちゃって、


ちょっとしんどい日が続いてます。


[PR]
by keisyuuosino910 | 2005-06-21 00:07
<05-06-15>ネットぶちギレ

え~と多分今日から、2.3日


うちのネットが繋がらなくなります。


ええ、


ええ、


私の料金払い忘れが原因です。


慌てて払い込んみましたが、


孫○義さんは許してはくれませんでした。


(当たり前だ) 


まあ、たまにはネットのない


日々もいいんでしょうがね。


size="4"> <大学時代の友人>


最近大学時代の友人達から、


連絡が来てうれしい、


なんでもそのうち一人が結婚するんだそうで、


いや、めでたや。


来月のパーティーには是非出席したい!!


おめでと~~~


 


 


[PR]
by keisyuuosino910 | 2005-06-15 11:18
がんばれ日本!<05.06.08>

なんか、また二子山部屋がらみで


今日も世間が騒いでて、


なんかいいかんじ。


(やなかんじの間違いか)


なんでも、お兄ちゃんが、貴○花に、


「貴○花部屋といっても看板だけじゃないか」と


言っちゃたらしい。


弟くんはあまりにも無礼だと憤ったとのこと。


それだけ聞くと、


「おいおい兄貴もけっこうえげつないなあ」


と思うところだが、


よくよく聞くと、その前に貴○花が兄貴に向かって


「てめえの、ちゃんこ屋と会社をぶっ潰してやる!」


と言っちゃってたようで。


それにカッとしたお兄ちゃんが、


つい売り言葉に買い言葉で言ってしまった


というのが真相のようです。


こりゃ、もう、いやはや。


正直「ぶっ潰してやる」って言葉には悪意しか感じんが、


「貴○花部屋といっても看板だけじゃないか」


と言う言葉には


実は愛があるような気もする。


・・・・・・・・・・・・


だいたい、二人の言い分はわかった気がするなあ。


(ワイドショーをみてるといろいろ見えてくる。


暇だなあ・・・・)


たしかに、貴にも同情すべき点は多い、


若はそうとうずるい人だ。


だがしかし、


やはり、親の四十九日も終わってないのに、


つい、醜聞を「ぼろぼろ」漏らしてしまう貴○花。


ひた隠そうとした、若○花。


やはり、貴乃花が世間知らずの


お子ちゃまだということになるんだろう。


まあ、どうでもいいことですが。


今日はこれから、ちとお出かけ。


帰ってくるまでには、


サッカー日本代表の


ワールドカップ行きは決まっているだろう。


アホな国のアホな行動により、


第三国でやることになったわけで


まあ、大いに結構なのだが。


今日のワイドショーでは興味深い記事を見た。


(またワイドショーか)


というのも、


いけいけの日本サポーターのお兄ちゃんが、タイに上陸。


「いざとなったら、会場に飛び込んで応援しますよ」


とか言っていて、


「おいおいそれじゃあ、


のアホな国と同じじゃないか、勘弁してくれよ。」


と心配していると、


そのお兄ちゃん「いや、冗談すよ。


そこまでしちゃったら日本の恥じゃないすか」


と言い出すではないか。


ちょっと感動。


方や、入場券がないからって、


塀をよじ登って、違法に入場した挙句、


敵の選手を囲んだ連中。


方や、異国で恥ずかしい真似はしないという、


イケイケ兄ちゃんの国。


これが民度の差だな、と感心するエピソードでした。


[PR]
by keisyuuosino910 | 2005-06-08 13:03
カラオケみ~つけた!!<05-06-07>

仕事があがって、ほとんど丸一日眠り、




そして今日の朝、


目が覚めたら、「おっと、Zガンダム見に行かなきゃ!」


と命令がどこからともなく俺の脳に届いたので、


しかたなく、海○▽まで、朝一の上映を見に行く。


でも、さすがに、ど田舎の朝一、


俺が見たときは、20人程しかいなかった。


ゆったり見れてさいこー。



さて、見た感想はですなあ・・・・



あ、あほかぁぁぁl!!



死ぬほどおもろかったっちゅーねんんんん!!!



実は、言うほどには期待して行かなかったので、


まあ、退屈しなきゃいいかなあくらいの期待値でって、


そんな感じは正直あったんですが・・・・・



と、とんでもねえ~~~~



こりゃ奇跡だ!!



あれから20年、俺たちも3◇歳になりました!!


ええ、


ええ、


ほとんどバスク・オム(38)に近いお年頃ですよ!!



そりゃあ、ヒルダも小鳥になるってもんです!!


(大爆笑)



ここで、ここに来て、


もう一度あの作品に、


本当の意味で出会うことが出来るとは!!



そうだ、


本当はこうなるはずだったのだよ、諸君!!



思えば、当時の富野監督は、


ファーストガンダムの後,


ザブングル、ダンバイン、エルガイムと


しょっぱい仕事を連発したうえ


上層部の人から


「もう君はガンダムを超えられないんだから、


もっぺんガンダムをやりたまえ」


とヘビーなことを言われて渋々はじめたZガンダムに、


愛のかけらなど、もはや存在せず、



そこにあるのは、ただひたすら怨念のみだったそうで、


そんなもんを1×歳の我々が


見るはめになっていたわけだが、



つまり、当時の富野氏は俺たち子供に対して、



「大人をやってくれなかった」!!



言い換えれば、楽しませる気は


さらさらなかったということだったのだ。



しかし、あれから20年・・・・・



富野様、やっと俺たちのために


「大人をしてくれる」気になったのですね・・・



きょう、あの映画を見ている瞬間、

 


まさしく俺は


身長150cmの中学▽年生にフィードバックされ、


そして、当時得られるはずだった感動を、


今日正に手にしたのだ!!!



ここに誓おう!絶対俺はもう一度見に行く!!



刻の涙をみるために!!!!


 


size="4"><カラオケみ~つけた!!>


・・・・・・・さてその後、


帰る途中、近所でカラオケ屋発見!!


安くてしかも24時間!!


アニメも、かなりの割合で映像付き!!


これで、長い懸案であった、


「仕事終わった後、打ち上げどこでやんだ」


問題も一挙解決だあ!!


いつのまにやら、そのカラオケ屋の隣には


温泉まで出来て超はっぴー!!


油断してると、御近所の娯楽がよほど充実していた。


早速今日は温泉にいってみるとするか。


[PR]
by keisyuuosino910 | 2005-06-07 15:34
原稿あがった<05.06.06>

原稿があがった~



今回は結構早く終わったので、


Zガンダムのゲームをやった。



皆、喜んでくれたようでよかった。



一眠りしたら、またZの映画を見に行ってこよう。


そして、脳に焼き付けるのだ。



今度は、平日なのですいてるだろう。



あと、先日予告を見た「スターウオーズep3」も待ち遠しい。


ep2も見とらんのに、あまりの映像の凄さに、


見に行くことを決意してしまった。



今年は、映画のあたり年なり。


[PR]
by keisyuuosino910 | 2005-06-06 08:06
「二子山物語」<06-06-02>

height="301"
alt=""
hspace="0"
src="file:///C:/00コミック/資料/サ行/相撲/futagoyama.jpg"
width="348"
align="baseline"
border="0" />


なんか、もう、2,3日前の話しだが、


二子山親方がお亡くなりになりましたね~


まあ、それはそれで、


ある意味ただの悲しい訃報なんですが、


その直後、順調に喪主をめぐって "#A52A00">若貴兄弟げんか "#000000">。


しかも、ご遺体のまん前で


height="282"
alt=""
hspace="0"
src="file:///C:/00コミック/資料/サ行/相撲/wakataka.jpg"
width="319"
align="baseline"
border="0" />


・・・これは、えらい話しだなあ。


こりゃあ、現代の抒情詩ですね。


シェークスピアの世界だわ。


仮題「二子山物語」


角界のプリンスの子として生まれた兄弟横綱の半生を描く。


デビューまもなく、


父に引導を渡した親の仇「 "4">千代の富士」に、


逆に引導を渡し返し、あだ討ち達成!!


曙、武蔵との死闘、そして宮沢りえとのロマンス。


まさに栄光の日々!


だが、その栄光は長く続かなかったのだ・・・・・・・・・・・・・・


「母」離婚、「兄」協会脱退、「弟」親戚から総すかん、


そして霊前での醜い骨肉バトル。


ここから予想できる今後の展開は、


そのうち、不器用な弟は、詐欺とかにあって、


全てを失なったりしそうだし、


兄は兄で、なんか災難がありそう。


(なんてことを・・)


なんか、「リア王」とか、黒沢の「乱」みたいだなあ。


覆水盆に帰らず。


あの二人は、もうどうにもならんのだろう。


しかし、


そういう愛の形もあるものだ。


来世では仲良くね。


[PR]
by keisyuuosino910 | 2005-06-02 05:00